【2012年09月27日】 【ブログ】しおがま!

こんにちは、スタッフhironと申します。

先日、話の流れで「魚市場でごはんを食べよう!」ということになり、
なぜか急に塩釜まで車を走らせることになりました。
夜中3時に(´-ω-`)

到着は4時頃でしたが、市場はすでに稼動していました。
塩釜魚市場は一般にも開放されています。
(着くまで知りませんでした、開いていなかったら・・・(;´Д`))
新鮮な貝類やお魚さん、巨大なマグロなど、
こんなに大量に見たことがなく、圧倒されました!

【ブログ】しおがま!01
↑場内はこんな感じ

市場内の一角に、ごはんと味噌汁が300円で提供されています。
つまり自分で好きな魚を買って、マイ海鮮丼が頂けるわけですね(´ー`)
が、提供が6時半からで、ちょっと待ちぼうけ。。

その間、場内をウロウロしてみました。
100kgはありそうなマグロをさばいていたり、
貝を開いて仕込みをしたりしてるところを
1時間半くらい見てました。社会見学(笑)
新鮮な光景で、ずっと見てても飽きないんですねぇ。すごいですねぇ。

時間になったのでごはんタイムです!
【ブログ】しおがま!02
私はサンマ・アジ・ホタテ・サーモンとかなり欲張っちゃいまして、
結局買いすぎて食べきれなく、残りは持って帰りました><

場内は市場なだけあって、活気にあふれていました。
宮城の、東北の、沿岸のそういう姿を目の当たりにし、
元気をもらえた気がしました!


そんなお魚さんや、市場の元気な姿を見てみたい方に
オススメなコミックが「築地魚河岸三代目」です。
【ブログ】しおがま!03

銀行勤めをしていた主人公・旬太郎は、ある日から妻の実家の家業である
築地魚河岸の中卸の社長としての人生を歩むことになります。
真っ直ぐな旬太郎と周りの人物が織り成す心あたたまるエピソード、
また魚河岸ならではの美味しそうなレシピの数々・・・。

ほっとしつつ、お腹のすく漫画です(笑)
コレを読んだ後に塩釜魚市場に行くと、また違った印象かもしれませんね。
当店では棚番号75にご用意していますので、是非!

次行った時はマグロが食べたいhironでした(・∀・)
[アイ・カフェイオン鈎取店のお知らせ一覧]
HP限定!割引クーポンはコチラから 枚数限定 時限クーポン配信中 コミック検索 レンタル用品 販売グッズ Lショップ 電子マネー発売 Tポイント スタッフ募集